2016年11月28日

昼間こそ湯たんぽで太ももを温める!免疫力がアップする

体温が上がればツライ症状が改善する

今、湯たんぽが見直されています。冬にると、湯たんぽを使っている人も多いのではないでしょうか。
足元あったか快眠グッズ(一覧)

冷えた布団の中に、ぼかぽかの湯たんぽが入っていると、ほんとうに幸せを感じます。しかし、湯たんぽを夜だけ使うのは、もったいないことです。手ごわい冷えを改善するためには、昼問の起きているときでも、湯たんぽで体を温めてほしいと思います。ただ気持ちいいだけではなく、体がとても楽になります。

湯たんぽを使う時間が長くなればなるほど、体に入る熱量もふえ、冷えが解消するでしょう。もちろん、動いているときは湯たんぽを使えません。しかし、デスクワークをしているとき、食事やお茶を飲んでいるときなど、座っている時問があるはずです。

そんな時間を活用して、湯たんぽで体を温めれば、体の冷えは確実に軽減します。こうして体が温まると、病気から体を守る免疫力がアップし、いろいろな症状が緩和し、体が楽になり健康になります。

ガンやリウマチ、慢性疲労症候群や糖尿病、高血圧などの生活習慣病など、難病と呼ばれる病気の大半の方は、体が究極に冷えた状態にあることがわかります。そこで、湯たんぽで体を温めることを勧めると、35度台だった体温が1週間くらいで36度まで上がり、症状のつらさが軽減するケースがほとんどです。

ところで、今の人は昔の人よりも、冷えに悩む人が多くなっていますが、これはどうしてなのでしょう?

私たちの活動を享える熱エネルギーは、主に筋肉によって生み出され、血液にのって全身に運ばれます。ところが、筋肉の働きが弱まると熟の産生量がへり、体の隅々まで届かなくなって、体が冷えます。今の人は昔の人に比べて運動不足ですから、筋肉の畳も働きも低下しています。

当然、筋肉が産生する熱もへっているわけです。そのため、冷えに悩む人がふえているというわけです。そこで、湯たんぽで筋肉を温めるのが、効率のいい方法といえるでしょう。筋肉に湯たんぽを当てて、外から熱を与えると、筋肉の血管が仙開き、血流も増加し、全身への熟の運搬力が高まります。

冷えとり

では具体的に、湯たんぽをどこに当てればいいでしょうか。効率がいいのは、なるべく大きな筋肉といえます。大きな筋肉なら、熱をたくさん吸収できるからです。

その点で、ぜひ温めてほしいのが、太ももとお尻の筋肉です。全身の筋肉の70〜80%は、ひざからお尻にかけてついています。太ももとお尻は、冷え撃退の最強の加熱ポイントといえるのです。
また、太ももに関していえば、筋肉の4分の3が前面に集中しているので、前面を温めるだけでじゅうぶんです。実際、太ももに湯たんぽをのせておくだけで、足先までポカポカと温まってくるはずです。

お尻を温めるときは、背もたれが必要になります。背もたれとお尻の問に湯たんぽをはさんでください。また、余裕がある人は、おなかも温めたいポイントです。内臓の働きをよくすることができます。温め方は、太もも→おなか→お尻というように、順番を決めて湯たんぽを移動させ、くり返し温めていくといいしょう。

各部位の加熱時問はそれぞれ3〜10分が目安です。「もう少しで汗をかきそう」と感じたら、移動させていくのがコツです。この湯たんぽを使った加熱は、入浴前にやるととりわけ効果的です。

入浴は全身を一度に温められる貴重な時問ですが、冷えた体を芯から温めるには時間がかかります。特に、冷え症の人の場合には、体の表面温度を上げるまでに時問がかかり、内臓の温度が上昇するまで湯ぶねにつかっていられません。そこで、入浴前に、湯たんぽで太ももやお尻などを温め、体の熟レベルを高めておくのです。
すると、お湯の熟エネルギーが体の奥深くまで入りやすくなり、冷えを解消しやすくなります。

湯たんぽで筋肉を温めることを、毎日徹底して続けた人は、確実に体温が上がります。その結果、病気に対する抵抗力が上がり、体調もよくなってくるというわけです。高価な器具を使った温熱療法もいろいろありますが、冷え取り効果、免疫増進効果で湯たんぽに勝るものは、ほかにはありません

腰痛、肩こり、ガン、歯痛など、どんな形の痛みでも軽減しています。また、睡眠障害、疲労倦怠感、肺ガンの血タン、食欲減退、胃もたれ、下痢、便秘、頻尿、高血圧、高血糖、アトピー性皮膚炎など、非常に多岐にわたる症状が解消・軽減しています。

こうしてみると、冷えは万病の元ということがわかりますね。ぜひ、湯たんぽを有効活用して、体の冷えを取り去ってください。
posted by 冷え at 14:20 | TrackBack(0) | 太ももを温める
2016年11月24日

現代日本人は脚が冷えている!血流を改善して温めれば免疫力が上がる

頭寒足熱は世界が注目している

私たちは、心臓がある上半身の体温が高く、下半身は低くなっています。上半身と下半身の体温の差を小さくし、血液や体液、生命エネルギーであるき気を巡らせるために、頭を冷やして脚を温めるのが、頭寒足熱です。

18世紀のオランダの名医・ブールハーフは「頭を冷やし、脚を温かくし、体を窮屈にするな。そうすれば、おまえはすべての医者をあざ笑うことができるだろう」という名言を残しています。頭寒足熱は、洋の東西を問わず、健康の基本であることがわかります。

現代人は、脚(下半身)の冷えている人が、非常にふえています。特に女性は、下半身が冷え、頭がのぼせる、「頭熟足寒」の人が多く見受けられます。

そのうえ、冷たい水やビールを飲んだり、入浴はシャワーだけで済ませたりするのも、体を冷やす大きな原因となります。

まず、服装や生活習慣を改め、体に冷えを取り込まないことが大切です。おふろに入る、湯たんぽを使う、靴下の重ねばきをするなど、外から体を温めるのも効果的でしょう。

しかし、最も重要なのは、自分の体で熟を生み出すことです。血液の循環をよくして、血流によって体を温めること。これに勝るものはありません。

脚を温めたら難病が改善する例は多数ある

ここでも、やはり、脚、特にふくらはぎの筋肉を使う運動が効果的です。できるだけ歩くように言われるのはこうした理由もあります。

バス停1つ分歩くとか、エレベータではなく階段を使うとか、その程度でもいいのです。
ところが、ここで盲点となるのが、はき物です。

ベルトのないサンダル(ミュール)など、足に固定されないはき物は、ずるずる引きずる歩き方になり、足首が動きません。また、ロングブーツは足首からひざ下まで固定されるため、やはり、足首が動かないのです。

足首が動かなければ、「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋肉( ヒラメ筋)によるポンプ作用が働きません。これでは、いくら歩いても血液循環はよくならず、体は温まりません。

また、つま先の細くなったパンプスなども、足の指がくつついて固定されるため、歩くときに指を使えません。足先の血流が滞ったままになり、血液の循環が悪くなるのです。

最近は、男性でも下半身が冷えている人がふえています。これは、脂質や糖質のとりすぎ、運動不足といった生活習慣の乱れから動脈硬化が起こり、末端まで血液が流れにくくなつていることが考えられます。

ストレスの影響もあるでしょう。ストレスが多いと交感神経が過度に緊張した状態になり、血管が収縮します。そうして血流不全が起こると、心臓から最も遠い、脚が冷えるのです。

つまり、脚の冷えは末端の血流不全です。細胞は、血液が届いて初めて機能ます。血流不全が起こると、細胞活動が低下し、あらゆる病気へとつながります。

頭痛、ひざ痛、股関節痛などはもちろん、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、すべて動脈硬化による血流不全がかかわっています。ひいては、脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こします。

女性の場合は、子宮という血液を多く必要とする臓器を持つため、血流不全は深刻な問題です。生理不順や生理痛、不妊、更年期障害といった婦人科系の不調が起こってきます。

下半身が冷えて頭がのぼせると不眠にもなり、ホルモン分泌がますます乱れる悪循環に陥るのです。

さらに進行して、全身の血流まで悪くなると、低体温になります。人問の免疫力は、体温が下がると低下します。

「体が冷えると風邪をひく」「脚は冷やすと膀胱炎になる」というのは、非常にわかりやすい例です。これは、低体温になって菌に感染しやすくなることを示しています。

内臓も同じです。血流が悪く、低体温になっている部位は、病気を呼び込みます。ガンやアレルギーなど、一見、冷えと無関係に見える病気も、低体温が原因といわれます。実際、脚を温めて体温を上げることで、難治の病気が改善した例は、枚挙にいとまがありません。

このように、脚の冷えは健康かなめのバロメーターであり、要でもあります。

脚を温める方法はいろいろあります。まずは、体を冷やす生活習慣を正し、脚を動かし、ふくらはぎのポンプ作用を働かせましょう。5本指靴下をはいて足指を動かしやすくしたり、デスクワーク中に足首を動かしたり、工夫はできます。

意外と盲点になっていますが、足裏を温めるのもおすすめです。
posted by 冷え at 09:01 | TrackBack(0) | 日本人の体質
2016年03月16日

体の冷えを放っておくと…大変なことに!

脂肪が付いている人ほど冷えやすい

皮下脂肪が多いと、体は冷えないのでは?」は大間違い。確かに、皮下脂肪は体の内側の熱を逃さをい断熱材としての働きをしています。しかし、脂肪には、冷えにくく、温まりにくいという性質があるため、何らかの原因で、いったん体が冷えてしまうと、外側から体を温めようとしても、なかをか温まりません。
また、脂肪が厚くなるほど、血液循環も悪くなってしまいます。

冷えによる体の不調

冷えが原因で不調や症状がでるのは、風邪、肩こり、頭痛、骨折、便秘、肌荒れ、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症と生活習慣病から大きな循環器の病気まで様々です。とくに高齢者は要注意。年齢を重ねるほど、基礎代謝が低下し、熱をつくる量が少なくなるため、体は冷えやすくなります。冷え症は治らないと諦めてしまう人も多いようですが、そのままにしておくと、ますます病気を呼び込む可能性が高まってしまいます。食事や生活習慣などを注意することで、根本的に解消していくことが大切です。

冷えを解消するには、手、足先、おなかからまず温める

冷え体質を改善するために、まず温めたいのが、手、足先、おなかの3カ所です。手と足先は心臓から最も遠い位置にあるので、血液が届きにくく、最も冷えやすい場所。
冷えて血管が収縮すると、全身の血液循環が悪くなり、冷えが悪化します。また、おなかを冷やすと、自律神経のバランスが乱れ、体全体の不調を引き起こすのです。冷えを解消するには、これらの最も冷えやすい場所を最優先に温めることが大切です。

手「手の甲さすりと指先マッサージ」

寒さを感じたときに、思わず手のひらをこすってしまう方も多いのではないでしょうか?
この仕草、なんとなく体が温まるよう気がしますが、じつは手のひらは血管が少ないので、筋肉を刺激しているだけで、根本的な冷えの解消にはつながりません。
手をこするのであれば、手のひらより手の甲がおすすめです。手の甲には、手のひらに比べて、血管が多く走っているので、手のひらをこするよりも効率的に体を温めることができます。
また、手の甲の手首近くには、東洋医学で「陽池」と呼ばれる熱をためるツボがありますが、手の甲をこすることで、このツボが自然に刺激されるため、手を中心に体全体が温まってきます。手のひらの刺激は一時的ですが、手の甲の刺激は、持続的に体を温めることができるのです。

指先から付け根へ1本ずつマッサージ

体が冷えやすい原因のひとつとしてあげられるのが自律神経のバランスの乱れです。自律神経には活動的な状態に体を整える交感神経と、体と心をリラックスさせる副交感神経の2種類があって、この2つの神経が絶妙にバランスをとりながら、体温の調節や血液循環など、体の各器官の機能を自動的にコントロールする働きをしています。
しかし、この自律神経のバランスが、肉体的な疲労や精神的なストレスなどが原因で乱れると、体温の調節がうまくできなくなったり、血液循環が悪くなるので、体が冷えてしまうのです。冷え症の人は、指先が緊張して、末梢血管が収縮し、慢性的に血行が悪くなっていることが多いので、指先をマッサージしてほぐし、自律神経の緊張をゆるめることで、冷えを解消することができます。手の甲こすりとともに、手の指を1本ずつゆっくりマッサージしていきましょう。ポイントは、マッサージする方向です。指先から根元に向かって押し下げるようにマッサージしていきます。指先がほぐれてリラックスし、指先の血液循環がよくなると、温まった血液が腕から心臓に向かって戻っていくため、上半身全体を長時間、ポカポカに温めることができます。

足「冷え防止には5本指ソックス」

睡眠中は素足で足首に靴下

足先の冷えが気になるときは、靴下をはいて布団に入る方も多いようですが、じつはこの方法も冷え対策としてはあまり効果がありません。靴下をはいて寝ると、重ねばきをするのとおなじように、足先が締めつけられて血液循環が悪くなってしまいます。
また、寝ているあいだに布団の中で蒸れて熱くなってしまい、いつの間にか脱いでしまった、ということも多いのではないでしょうか?
いちばんよいのは、素足のままで足首だけを温める方法です。使ぅのは、5本指ソックスのつま先をカットした残りの部分。これをレッグウォーマーのように足首にっけ、くるぶしの部分を中心に温めるだけで、足先を効率的に温めることができるのです。
つま先は素足のままですが、靴下をはくよりも足全体がじっくり温まることを実感できます。締めつけがきついタイプの靴下はかえって血液循環が悪くなってしまうので、ゆったりしたタイプを選ぶのがポイントです。

三陰交のツポをマッサージしてから布団の中へ


三陰交
足首のくるぶしの内側には、下半身の冷えに効果がある「三陰交」と呼ばれるツボがあります。寝る前に、このツボを指圧したり、マッサージしてから眠ると、足が温まり、冷えを感じないで安眠することができます。冷え症のほか、生理不順、更年期障害に伴うさまざまな症状にも効果があるツボです。

お腹「しっかり温めて内臓の働きを整える

女性はお腹が命

女性はとくに下腹部の冷えを訴えることがありますが、女性の下腹部は、子宮や卵巣などの臓器が収まった大切な場所。これらの臓器がスムーズに働くためには、大量の血液を必要としますが、冷えてしまうと血液循環が悪くなるため、生理痛や生理不順、さらには子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の病気にもつながることがあります。

腹巻き一体型パンツ

腹巻きをするのは、おなかの冷え防止に、とても効果がありますが、しているうちに次第にずり上がってくるのが難点。その部分から熟も逃げてしまいます。おすすめは、腹巻き一体型パンツです。外出時や睡眠中もおなかをしっかり温めてくれます。

しょうが紅茶

なかの冷えを防いで、全身を温める効果が高い飲み物としておすすめしたいのが紅茶です。
東洋医学では、体を温める食べ物を「陽」、体を冷やす食べ物を「陰」に分けて考えますが、もともと熱い地域で育つ茶葉菓を原料にした緑茶、コーヒーなどは、体を冷やす飲み物と考えられています。
しかし、発酵させたり火であぶったお茶は、体を冷やす作用が弱まり、体を温める作用が高まります。
紅茶は緑茶を発酵させたものですから、寒い冬には体をポカポカに温めてくれるのです。この紅茶にすりおろしたショウガを入れることで体を温める作用がさらにアップします。ショウガは体を温める「陽」の代表的な食べ物。ショウガに含まれるジンゲロン、ショウガオールなどの成分が、体を芯から温均新陳代謝も活発にします。ショウガ紅茶の作り方はこちら

ほうれんそうが体を温める

体を温める食べ物というと、まずトウガラシなどの辛いものが思い浮かびます。確かに、トウガラシが含まれた食べ物を適量食べるのは効果がありますが、大量に食べてしまうと、食べた後に汗をかくため、一時的に体は温まっても、結局は冷えてしまうのです。
冷えに効果的な食べ物は意外にも、トウガラシなどの辛いものよりも、ホウレンソウなどの青菜類。なぜなら、体が冷えやすい人には、貧血の人が多いからです。
貧血は、体の隅々まで酸素を運ぶヘモグロビン(赤血球)が不足した状態。このヘモグロビンが不足すると、各細胞が酸素不足になるため、体の機能がスムーズに働かなくなり、エネルギーの燃焼が不完全に。結果的に体に冷えをもたらす結果になってしまいます。

鉄分が不足すると、ヘモグロビンがうまくつくれなくなるため、一時的ではなく根本的に体の冷えを解消するには、鉄分を補う食べ物を積極的に取る必要があります。豚肉、鶏のレバーなど、鉄分が豊富に含まれる食べ物にもいろいろな種類がありますが、価格的にも手に入りやすく、調理しやすいホウレンソウなどの青菜類はとくにおすすめです。ほうれん草は、もともと鉄分が多い野菜として知られていますが、体内で吸収される量はわずかです。卵などの動物性タンパク質と一緒に摂ると、鉄の吸収やはたらきがさらに良くなります。
卵と一緒に炒めるといいですね。
posted by 冷え at 15:14 | TrackBack(0) | 冷えについてもっと