2011年01月19日

パワー不足で体が冷える

“気”と“血”両方を補って元気を回復させ「冷え」を撃退

働き過ぎ、睡眠不足、朝食抜き、過剰なダイエットなどによりパワーが不足している場合に起こる冷えです。
元気の素である“気”と酸素と栄養を運ぶ“血”の両方が不足している状態で漢方では「気血両虚」と呼ばれます。
こんな状態ですから、新陳代謝も低下し、疲れやすくなっています。体温や血圧が低値安定してしまっている人も多いのが特徴です。
十分な熱を自分の体で循環できないため「冷え」が生じます。がんばりやんにはこういうタイプが多いのも特徴です。
がんばっている「最中」は自覚しなくても一段落するとまとめて疲れや不調に見舞われるのも特徴です。

こうった症状に心当たりがあり、尚かつ、月経トラブルもあるのなら婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)を使用します。放っておくと本当の病気にまで発展しかねないから要注意です。
漢方薬のパワーで気”と“血”のパワーを底上げしましょう。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)について

【送料・手数料無料】当帰養血精 300ml 3個セット 【第2類医薬品】婦宝当帰膠(ふほうとうき...
【当帰養血精の特徴】
「当帰養血精 300ml」は、補血・強壮作用のある「当帰(トウキ)」を主成分とし、9種類の生薬から抽出したエキスを配合した婦人薬「当帰養血精(トウキヨウケツセイ)」です。更年期障害による頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え性の改善に効果があります。
posted by 冷え at 14:00 | TrackBack(0) | 冷え性対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42725635

この記事へのトラックバック