2011年01月16日

ストレスによる冷えの症状「気滞」を漢方薬で改善

気の流が滞ってしまっている状態

とにかく忙しくて…時間に追われるような毎日を送っている場合、ストレスフルが原因で冷えをすすめてしまいます。
仕事でも家事でも同様です。
そういった人がギリギリのところで体を維持していたのに「ショックな事」などがあると、急激に体調を崩してしまったりします。これは漢方でいう「気滞」の症状です。
気とは見えないけれど体の中を巡っている生命エネルギーのことです。
この巡りがストレスが原因で悪くなっている状態が「気滞」です。
「冷えているのに急に汗をかいたりするのが特徴です。忙しいために自分の体が悲鳴(冷えなどで)を挙げているのに気づかないでいるのです。
忙しいために、ちょっとくらいのことに目をつぶって生活してしまうのが原因です。
「気滞」が続くと代謝が悪くなり、血液の流れも悪くなり冷えがさらに進行してしまうのです。
こういった症状は、除々に進行していくのですが自覚症状として自覚するときには、かなり震央しているのです。

こういった症状を漢方薬で改善する場合には、加味逍遥散(かみしょうようさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)が効果的です。
どちらも気の巡りをよくする漢方薬です。

加味逍遥散(かみしょうようさん)について


ツムラ漢方 加味逍遥散(かみしょうようさん) エキス錠A90錠【第2類医薬品】

加味逍遥散(かみしょうようさん)の効果・効能
体質虚弱な婦人で,肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難,更年期障害


半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)について

  顆粒だから飲みやすいツムラ漢方 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) エキス顆粒 24包【第2...

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) の効果・効能
比較的体力が乏しく,気分がふさいで,咽喉・食道部に異物感があり,ときに動悸,めまい,嘔気などを伴う次の諸症。不安神経症,神経性胃炎,
せき,しわがれ声




posted by 冷え at 16:51 | TrackBack(0) | 冷え性対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42655616

この記事へのトラックバック