2011年01月02日

冷えによる症状(年代別)

「冷え」を寒いだけの症状と思っている人も多くありません。冷えは大きく分けて二つのタイプに分かれます。
  • もともと冷えやすい体からくる冷え
  • 夏の間にとにかく冷えをとりこんでしまう冷え
のふたつです。最近は、ストレスからくる過剰な緊張によるもので引き起こすケースです。自分も無意識のうちにストレスや緊張から汗をかきその汗が気化熱により冷えてしまうようです。
若いうちは、心臓から遠い手足などの末梢部分が冷たいのですが、年代とともに冷えが体の中心にうつっていくのです。そのために逆に末端がほてるようになります。
真冬のように寒い季節でも汗をかいている人をみかけますが、こういった人のお腹などは驚くほど冷たいのです。これも冷えからくる症状です。

冷えからくる年代別症状の特徴

20歳代

  • 生理トラブル
  • 肌トラブル(肌荒れ、ニキビ、クマ)
  • 切れ毛

30歳代

  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 胃腸トラブル
  • むくみ
  • 大汗
  • ほてり

40歳代

  • イライラ
  • 不眠
  • うつ

真冬の冷えも冷え性体質をさらに悪化させるのでしっかりとした保温対策が大切です。

遠赤外線放射で、冷えが原因で起こる肩凝り、腰痛、不眠症を解消


寝ている時間は意外にも長時間です。「しっかり保温」が大切です!

posted by 冷え at 17:31 | TrackBack(0) | 冷えについてもっと
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42352800

この記事へのトラックバック