2010年08月20日

乾布摩擦で皮膚を鍛え温める

血行を促し新陳代謝アップ

乾布摩擦すると、こすった部分がほんのり赤くなります。これは皮膚を刺激されたことによって、血液の循環がよくなった為です。
乾布摩擦は、血行をよくするだけでなく、新陳代謝を活発にし、免疫力を高めます。自律神経の安定にも効果絶大。気分も爽快になります。 毎日続けることで効果があらわれます。
ただし、体調が優れないときなどは、控えます。持病がある場合には、主治医と相談の上行います。

乾布摩擦のやり方

乾布摩擦は、食後を避けて行います。できれば朝、行うのが一番よいでしょう。はじめの2週間くらいは、5分前後、慣れてきたら20分前後こすり摩擦します。
はじめのうちはごしごしこすりすぎないのがポイントです。
少しずつならしていくといいでしょう。
乾布摩擦は、立って行っていても座って行っていてもかまいません。楽な姿勢で行います。
末端からはじめて、心臓に向かってこすります。じだん冷えを感じる部分を特に丁寧に行います。

冷水摩擦もおすすめ

冷水摩擦は水でしぼったタオルで行います。乾布摩擦より刺激が強いのでより効果もアップします。
ただし、水分が体に残ってしまうと冷えてしまうので摩擦後は十分に水分をふき取ります。
この場合も少しずつならしていくのがポイントです。
夏にはじめるとやりやすく1年を通して冷水摩擦を行うことができます。
寒い季節は室温を少し高め二設定した後に行います。

乾布摩擦で新陳代謝を活発にする(まとめ)

はじめの2週間は慣らし運転。慣れてきたら少しずつ時間を延ばします。
方法:
末端からこすりはじめて心臓に向かって少しずつこすります。
皮膚がほんのり温まるまで行います。

乾布摩擦に最適な麻素材のタオル

【セール品】泡立ちのよい大きめサイズの浴用タオル麻の浴用健康タオル[%OFF]【楽ギフ_包装】...
※人間の体に優しくソフトなのはやはり天然素材です。

商品の特徴

  • 麻100%の強撚糸を使い、生地の目ずれがしない「からみ織」になっています。
  • 吸水性・発散性・速乾性が高く、衛生的です。
  • 乾布摩擦にも最適!肌を鍛え、健康増進にお役立てください
  • アカ擦り浴用タオルとしてお使い頂けます。

posted by 冷え at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え性対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40274928

この記事へのトラックバック