2010年08月04日

調理方法が冷え性を改善

温めれば問題なし

体を冷やすモノ、温めるモノのページを読んで冷え性体質は「生のサラダを食べられないんだ〜」と思った人もがっかりすることはありません。
生野菜を避けようと言っているだけですから、ゆでたり、蒸したり、炒めたりして温野菜にするようにします。
ドレッシングにはビタミンEが豊富に含まれるオリーブ油をや体を温めるごま油を使うとさらに効果的です。
体を冷やす野菜も、熱を加えて食べれば全く問題ありません。冬になると鍋を食べるのは、理にかなった食事なのです。
野菜やゆでると生よりもたくさんの野菜を食べることができます。
具だくさんのみそ汁やスープなどもオススメです。
調理方法で体を冷やす素材も活用できてしまいます。煮る、揚げる、炒める、ゆでる、焼く、蒸す、干す、薫製にするなど工夫してみるといいでしょう。

香辛料、香草を利用する

コショウや唐辛子などの香辛料に体を温める作用があるのは周知のとおりです。
香辛料や香草は、少しで風味が増します。また血行をよくし新陳代謝をアップさせるので日々の食事に、少しずつ取り入れるといいでしょう。冷え性に効くものとしては、ガーリック、オニオン、サフラン、ターメリック、シナモン、生姜などがあります。
特にサフランは冷え性の治療によく使われています。
このほかしそも体を温めるうえに、鉄分も豊富なのでオススメです。香辛料は刺激が強いので使いすぎないように注意します。

冷え性対策になる食事の習慣

●生野菜・果物より、太陽をあびたドライフルーツ
●白砂糖より黒砂糖
●野菜ジュースより野菜スープを
●からだを冷やす素材は煮る、揚げる、焼く、炒める、ゆでる、蒸す、干すで対処


posted by 冷え at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39975116

この記事へのトラックバック