2010年08月01日

崩れたホルモンバランスを整える(ビタミンE)

冷え性には欠かせないビタミンE

冷え性に効く栄養素でも紹介しているとおり冷え性の改善には、ビタミンEが欠かせない。
ビタミンEは「老化防止のビタミンと呼ばれています。ホルモンの分泌を調整したり血行をよくする働きがありますので、冷え性や肩こり、めまい、更年期障害、月経不順などに効果があります。
日頃からビタミンEを積極的にとるように心がけます。
ビタミンEは、うなぎやナッツ類、オリーブ油、かぼちゃ、シソ、ぼうれんそうなどに多く含まれています。
冷えがひどい人は、ビタミンE剤などで補うといいでしょう。

ホルモンバランス調整と血行促進が、症状改善のポイント!

崩れたホルモンバランスを整える作用を持つのがビタミンEです。ビタミンEはホルモンバランスを調整するとともに、血行を促進し、肩こりや手足の冷え、月経不順を改善します。ビタミンEは、ホルモン分泌器官の細胞膜に多く含まれており、細胞膜の酸化を防いで安定させることでホルモン分泌のバランスを整えています。これがビタミンEのホルモン分泌調整作用といわれるもので、ホルモンバランスの乱れによる不定愁訴を軽減します。

食事で摂取する際のビタミンEの含有量の目安です。

ビタミンEの含有量と食品の目安

 
食品名ビタミンEの
含有量
一食の食品、食材の目安
アーモンド31.2mg15粒 22gでは6.9mg
ヒマワリ油39.2mg大さじ1杯 12gでは4.8mg
サフラワー油27.6mg大さじ1杯 12gでは3.3mg
ヘーゼルナッツ19.5mg15粒 22gでは4.3mg
にじマス5.8mg中1尾 100gでは5.8mg
うなぎの蒲焼き4.9mg1串 100gでは4.9mg
西洋かぼちゃ5.1mg中1/15個 80gでは4.1mg
落花生11.4mg1/4カップ 30gでは3.4mg
モロヘイヤ6.6mg1/2袋 50gでは3.3mg


食事で足りない分はビタミン剤などを使用して補います。
末梢血管の血液循環を促進ユベラックスと同じでこの価格は安い!「ナチュラルビタミンE 270カプ...


posted by 冷え at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え性解消(食品)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39927184

この記事へのトラックバック