2010年07月31日

冷え改善のために食生活を見直す(栄養のバランスが大切)

口に入れるものが体を温める

冷え性を治すには、バランスのとれた食事が欠かせません。食べ物が体を温める熱源になるのですから、体を冷やすものばかり食べていたのではいつまでもたっても冷え性は改善されません。
食事が大切であることを自覚したうえで栄養バランスを考慮します。
バランスよく3食食べることを心がけます。ダイエットなどで食事を抜いたり、量が少なすぎるとエネルギー不足になります。
栄養不足によるエネルギー不足などのぺージを参照してください。
バランス良く食べる方法はできるだけ多種類の食品を食べることです。よく1日30品目といいますが、これだけの品目をとることは、1日に必要な栄養素をだいたい摂取することができるからです。
「バランスよく食べる」などは小さい頃から家庭でも、また学校でも職場でも言われるごくごく当たり前のことで聞き飽きてしまったフレーズかもしれませんが、これがとっても大切なこととなります。

バランスが大切なわけ

栄養素は互いに結びつくことによって、力を発揮します。単独では満足に機能しません。
たとえば、体に入って熱源になるのは、たんぱく質、糖質、脂質の3大栄養素ですが、ご飯をモリモリ食べたから大丈夫、というわけにはいかないのです。
これらの栄養素は、ビタミンB群がなければ効率的にエネルギーに代わらないからです。
体を温めるつもりでしっかり食べてもエネルギーに変換されなければ余分な糖質が体にたまるだけです。
ビタミンDはカルシウムの吸収を、ビタミンCは鉄分の吸収を助けます。ビタミンEはビタミンAの働きを助けます。
このように相互に補いあいながら働いているのです。

目標は1日30品目
次の6つの食品群から〜2品ずつ毎食とるようにします。
たんぱく質
肉・魚・卵・豆腐・大豆など
カルシウム
牛乳・乳製品・小魚・海藻)
糖質
パン・ご飯・麺・いも
脂質
バター・マーガリン・サラダ油・マヨネーズ
カロチン
人参・かぼちゃ・ほうれんそう・小松菜
ビタミン
キャベツ・大根・白菜・きゅうり・りんご・いちご・ミカン


1日30品目の料理がストレスだという人には

5,250円以上で送料無料!一度に30品目摂れる!無農薬栽培で無添加の天然素材100%!【まるごと...



posted by 冷え at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39910091

この記事へのトラックバック