2010年07月27日

ストレスと向き合う

ストレスチェック

疲れっぽくイライラする。寝付きが悪い。肩こりやめまいがする。朝の目覚めが悪い。突然不安におそわれる。集中できない。などはストレスのサインです。
重症にならないようにできるだけ早く原因を取り除きます。
こういった場合にはストレスチェックをしてみるのが一番早く原因究明できます。
●何がストレスになっているのか書き出す。
●自分の対処の仕方を書き出す。
●より適切な対処がないか検討する。
●検討した対処法を実際にやってみる。

冷静に客観的に見つめること

まずどんなときに不安になったか、落ち込んだか、不快に感じたか、そのときの気持ちや状況を具体的に書き出してみます。ストレスのもと、原因を客観的に判断します。次のそのときに自分がどう対応したのか書き出します。自分の考え方や行動のパターンをつかみます。対処法にどこか偏っているところはないでしょうか。結果をみればたいしたことでもないのに悲観しすぎていたということはないでしょうか。
感情的になりすぎていたり、先読みしすぎていた、などといったことはありませんか?
自分の行動パターンや考え方の傾向がわかたら、より良い対応のしかたを考えてみます。悲観的になりやすい人は少し意識しながら楽観的に考える習慣をつけたり、先読みしすぎる人はまず相手の出方をよく見る習慣をつけることが大切です。

ストレスのサイン

・疲れっぽい
・イライラする
・肩こりやめまいがする
・突然不安におそわれる
・胃腸の調子がすぐれない

こんな対処法は×

白か黒か結論が極端。ささいなことをおおげさに考える。いつもそうだと決めつける。先読みして悪いことばかり考える。感情的に決めつける。
自分にだめなやつとレッテルをすぐはる。
すべてマイナス思考。
なんでも自分の責任にする。
posted by 冷え at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと上手に共存
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39846830

この記事へのトラックバック