2010年07月13日

自律神経機能の低下

自律神経がコントロール


体温機能調節のトラブルで解説しましたが、暑さ、寒さで応じて体温を調節するのは、自立神経の働きです。自立神経には、交感神経と副交感神経があり、正反対の働きをします。手足の血管を収縮させて放熱を防ぐのは、交感神経の働き、血管を拡張させて体温を下げるのは、副交感神経です。このふたつがバランス良く機能することによって人間の体のリズムは保たれています。ところが、女性ホルモンのバランスが崩れたり、ストレスがたまったりすると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れからだの機能を適切にコントロールできなくなってしまうのです。
その結果、体温調節も正常に機能しなくなり冷え性になってしまうというわけです。冷え性のもっとも大きな要因は自立神経の働きだといわれています。

ストレスが自立神経を直撃


なぜ、ストレスがたまると自律神経が乱れるのでしょうか?人間の体は、ストレスが加わると交感神経を緊張させて総力をあげてストレスに対抗しようとします。すぐにそのストレスが解消されなければ、交感神経の緊張はとけ、体はふだんの状態に戻るので特に問題は生じません。ところが、ストレスが長時間持続したり、強すぎるようなケースでは、交感神経は常に緊張している状態となり疲れてしまいます。副交感神経との切り替えもスムーズにいかなくなり自律神経のバランスが崩れてしまうのです。このようにストレスは自立神経の働きに大きな影響を与えています。
ストレスは避けることが出来ませんが、早い解決が大切です。

自律神経が乱れる原因


女性ホルモンのバランスの乱れ
女性ホルモンと自律神経には密接な関係があり相互に影響しあっている。
ストレス
長期間、ストレスにさらされていると交感神経は緊張しっぱなし。疲れ果ててバランスが乱れる
不規則な生活
自律神経は、一定のリズムを保って働いている。夜更かしが続いたり、食生活が乱れると自律神経の調子が乱れてしまう。
冷房
寒い部屋と暑い外。血管の収縮、拡張の繰り返しで自律神経は疲弊し体温調節が機能しなくなる。

自律神経と女性ホルモンの関係


自律神経の中枢と女性ホルモンの分泌をコントロールする虫垂は、どちらも間脳の視床下部にあり、互いの影響を受けやすい状態となっています。
女性には、生理周期があるため、女性ホルモンのバランスは非常に微妙に変化します。また、初潮、妊娠、出産、閉経など大きくホルモンバランスが変化する時期も何回かあります。男性より女性の方がホルモンバランスがくずれやすい体質となっています。女性に自律神経失調症や冷え性が多いのはこのためです。


冷え性の原因一覧

冷え性についてまず知る
体温調節機能のトラブル
自律神経機能の低下
血液の循環が悪い
栄養不足によるエネルギー不足

posted by 冷え at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え性の原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39616719

この記事へのトラックバック