2010年07月11日

冷え性についてまず知る

冷え性って?


冷え性というのは、これだけたくさんの人が「冷え性」を自覚しているにもかかわらず、これといった定義がありません。
冷え性という病名があるわけでもありません。一般には、冷え性といえば、体の特定の部分だけに冷えを感じる状態をいいます。
西洋医学では、冷え性を病気ととらえていないので、まだ効果的な治療法が確立されていないのが現状です。冷え性に苦しんでいる人も、ツライとは思っていても診察を受けるというほではないし、なんとかできるギリギリの範囲で防いでいる人がほとんどです。
しかしたかが冷えと侮ってはいけません。冷えは、腰痛、肩こり、むくみ、頻尿、便秘、下痢、肌あれなどさまざまな不快な症状を引き起こします。また月経痛や月経不順、月経困難症などの月経障害、婦人科疾患を誘発することもあります。

冷え性の主な症状


代表的な症状は、手足の冷えです。足先が氷りのように冷たくて寝付けない、手足がしびれるほど冷たい、ズキズキするなどの症状があわられます。意外かもしれませんが、冷えがひどいとほてりやのぼせを伴うことも多く、手足は冷たいのに、顔はほてって紅潮している場合もあります。
腰に冷たいものがはりついているように感じる、腰の周りがいつもスースーしていてお腹が痛くなる。便秘や下痢を繰り返している。などがその症状です。
女性は特に腰や下腹部の冷えには注意しなくてはなりません。女性の体には、子宮、卵巣などの複雑精巧な生殖器が集まっているからです。ひどい場合は、冷えが原因で卵巣機能が低下し、排卵に異常をきたして、不妊症になる場合もあるのです。

冷えが引き起こす症状


●立ちくらみ・めまい
●鼻炎・くしゃみ・鼻水
●咳・喉のつまり
●アレルギー疾患
●背中の冷え
●食欲不振
●腹痛
●頻尿
●膀胱炎
●関節痛
●手足の冷え・むくみ・しびれ・痛み
●足がだるい
●月経困難症・月経痛・月経前困難症
●月経不順・無月経・不妊
●オリモノ・性交痛
●便秘・下痢
●更年期症状
●腰痛・腰の冷え
●じんましん
●かぜをひきやすい
●肩こり
●肌荒れ
●のぼせ・ほてり・むくみ
●不眠
●憂鬱・イライラ

冷え性の原因一覧

冷え性についてまず知る
体温調節機能のトラブル
自律神経機能の低下
血液の循環が悪い
栄養不足によるエネルギー不足


posted by 冷え at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え性の原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39576390

この記事へのトラックバック