2017年02月13日

現代人は体を冷やす食べ物ばかり口にしている

体温が下がるとはたらきが悪くなるのは免疫力だけではありません。体温が度低下するだけで基礎代謝も12%低下します。
つまり、低体温の人は同じものを食べていても太りやすい、ということです。

なぜ、日本人の体温はここまで低下してしまったのでしょうか?

まず第一に、交通機関の発達で、以前のように歩かなくなったこと、家電製品の普及で家事をはじめ、筋肉労働が少なくなったことなど、筋肉の鍛錬不足があげられます。仕事でもデスクワークの人であれば、1日中座ってパソコンとにらめっこしている人もいるでしょう。こういった人は、上半身はそれほどでなくても足の指先は冷えています。

たとえば、夏は本来ならば汗をうんとかき、体内にたまっている老廃物や体の中を冷やす要因である水分をどんどん出す季節です。それが、いまやあらゆるところにあるエアコンのために、「夏こそ体を冷やす」という状態になってしまったこともひとつです。
暑い夏は、冷房による下半身の冷えを防ぐことがポイント

また、入浴といってもゆっくりと湯船につからず、シャワーだけですませる生活習慣が増えてきたことも、体温を低下させている要因です。

しかし、なんといっても、体を冷やす最大の原因は、ここ20〜30年の日本人の飲食物の摂り方の間違いがとにかく大きく影響しています。

日本人の体温を低下させた食べ物はさまざまですが、「体を冷やす」食べ物は、ごくごく身近なものばかりです。これを見てもいかに現代の日本人が体を冷やす食物を摂りすぎているかが、わかると思います。

体を冷やす食べ物

  • 【野菜類】トマト、レタス、キャベツ、きゅうり、ナス
  • 【いも類】こんにゃく
  • 【藻類】昆布
  • 【果物】梨、スイカ、柿、バナナ、オレンジ、りんご
  • 【魚介類】あさり、しじみ、たこ、カニ
  • 【豆類】豆腐
  • 【穀類】そば・小麦
  • 【砂糖・甘味類】白砂糖

冷え取り靴下の口コミ、使用感、効能・効果一覧
posted by 冷え at 15:19 | TrackBack(0) | 体温が上がると血液が浄化
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178757038

この記事へのトラックバック