2014年11月11日

低体温の冷えに悩んだが金時しょうがで平熱があがり頭痛と肩こりが改善

20代の6年間、パソコンのインストラクターとしてほんとんど1日中パソコンの画面に向かっている生活をしていた。
するとしだいに目の奥の疲れから前頭部が強く痛んだり、肩がひどくかったりした。

その後、仕事を辞めても肩こりと頭痛は改善しませんでした。「私は体温が低く、そのころは平熱が35.5度Cしかありませんでした。肩こりや頭痛は冷えが主な原因だと雑誌を読んで知り、体温を上げるために体操をしたり、足湯をしたりといろいろ試してみました。しかし、どれもその場では体温が上昇するのですが、時間がたつと35度台に戻ってしまった。

さらに夕方になって疲労が蓄積してくると、頻繁に頭痛にも悩まされるため、神経内科を受診したこともあった。
しかし、血行をよくする薬と鎮痛剤を処方されだけで、頭痛も肩こりも解消することはなかった。そうした中、昨年5月に友人から金時ショウガの粒食品を教えてもらった。ショウガが体温アップに役立つことは知っていたので、早速、取り寄せた。また、足湯や体操などもして、体温を上げる工夫も続けた。

1ヶ月はどたったころ、冷えを感じなくり体温を測ると、36.2度Cも。いつもは冷たい足先も温かくて気持ちよく、平熱が上がった。そして、そのころから肩こりが和らいで頭痛も減り、それからは一度も薬に頼っていない。

「最近の体温は36.5度に。寒い季節になると体がこわばるので、今までは肩こりも悪化していた。しかし、今年の冬はとても寒いのに体が冷えた感じもなく、肩こりにも顔痛にもなならない。

今までは、金時ショウガをとったあとは、30分ほどで体が温まってくるのがわかるようになった。ひどい肩こり頭痛が起こらなくなるなんて信じられない思と驚き。
posted by 冷え at 18:01 | TrackBack(0) | 冷え性対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105497230

この記事へのトラックバック