2014年07月27日

夏の暑い時期に冷えル体をなんとかしたい!

今年はどういうわけか異常な暑さ。エルニーニョの影響で冷夏と言ったのは誰だろう?今年が猛暑だからといってとりたてて特別なことが起きるわけではなく秋や冬になればまた「寒い」と言うようになる。

年齢の影響か、暑い夏や寒い冬が体にこたえるようになってきた。日中はオフィスでがんばんエアコンを使い、帰宅時間になって外に出るとあまりの暑さに死にそうになる。家に帰ってきても体がエアコンの冷気を欲するため常に26〜28度の環境ですごしていないと体がもたなくなってしまう。
冷えをリセットするには入浴がいいということでカモミールの入浴剤も買ってあるがさすがに入浴する気が起きない。ここ数日は、トマトやキュウリばかりをたべている気もする。体は冷えるばかり。
そこで体を温める食品をしっかり摂ろうと決意し、「寒熱学一覧表」というのをつくってみた。
いわゆる体を冷やす、温める食品の分類表である。
タイプ野菜果物豆・穀類・加工品たんぱく質調味料嗜好品
らっきょう  ひつじ肉にんにく、唐辛子、わさび、こしょう、そうが蒸留酒(焼酎、ウィスキー、ブンランデー)
にら、菜の花、かぶ、たまねぎ、ピーマン栗、みかん、さくらんぼ、ライチ、ヤシ、桃、梅餅米、小麦粉、納豆、米牛肉、うなぎ、エビ、太刀魚、なまこしそ、みょうが、みそ、酢、ぬか、はちみつ、コリアンダー、フェンネル、シナモン、クローブ醸造酒(ワイン、日本酒)、杜仲茶、コーヒー
空芯菜、里芋、きくらげ、エンドウ豆、ソラマメ、トウモロコシ、インゲン豆、レンコン、トマト、サツマイモ、春菊、しいたけりんご、びわ、いちじくくず粉、片栗粉、小豆、黒豆スズキ、イシモチオリーブ、ごま、ぎんなん、くるみ、落花生、八角 
れんこん、大根、セロリ、クワイレモン、スイカ 鶏卵、豚肉、いか、あさり、貝柱、あわび、はまぐり チョコレート
キュウリ、レタス、ワラビ、ごぼう、冬瓜、かぼちゃ、青のり、昆布、はくさいマスクメロン、パパイヤ、柿、オレンジそば、緑豆(はるさめ)、もやし若鶏の肉、かに、牡蠣、まぐろ、鰹しょうゆ、塩、精製した砂糖ウーロン茶、日本茶、紅茶、どくだみちゃ
キュウリやピーマンというのは夏の野菜で体を冷やす野菜である。
これだけエアコンが浸透してしまった日本にもはやきゅうりやなすといった夏野菜で体を冷やすのは冷えに追い打ちをかけるようなもの。
食欲がないときに夏の定番といえば「酢」。これは食欲もわくし体を温めてくれる。体にもいいし…いいことづくめ。暑い夏は体に断然いい「酢」を摂りたい!
posted by 冷え at 15:11 | TrackBack(0) | 冷え性対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101984347

この記事へのトラックバック