2017年03月22日

冷え性の人はたんぱく質多めの食事を意識する、抜け毛もあるのならシルクアミノ

女性の8割以上は冷え性だと言われています。「手足が冷えてしかたがありません。なんとかならないでしょうか? 」と訴える女性が少なくありません。

こういった冷え性体質の人は、冬もツライのですが、じつは夏も職場が冷えてツライ人が多いのです。

そんな時、「冷え体質を根本的に改善するには時間がかかりますが、タンパク質を多めに摂るように心がけると、すぐに体のなかから温まりますよ」とアドバイスしています。

多くの人は、一瞬、理解できないようですが、次のように説明すると納得していただけます。タンパク質は本来、筋肉などの体を作る栄養ですが、多めに摂ると胃は消化のために大量の消化酵素を出さなければなりません。その時、胃が激しく動き、エネルギーを発生します。いっぽう、タンパク質はアミノ酸に分解されますが、人間の体には一定量のアミノ醸しか蓄えられません。

そのため、余ったアミノ酸を体外に排出するために、肝臓が取り込み、分解します。アミノ酸は別の物質に分解される時、熱を発生します。つまり、タンパク質を多めに摂ると、胃と肝臓から発生した熱量により、体のなかから温まるというわけです。

では、多めのタンパク質とは具体的にどの程度の量なのでしょう。それは、タンパク質、脂質、糖質を含めた総摂取カロリーの40%以上です。冬場なら、魚介類や肉類をたくさん入れた豆乳鍋やミルク鍋などがおすすめです。体のなかから、みるみる温まります。

冷えがひどいときに抜け毛が増える傾向にある人は、できるだけ早く対応したほうがいいでしょう。
シルクアミノがおすすめです。
posted by 冷え at 14:24 | TrackBack(0) | 食生活
2017年02月28日

自分の体を知る名医を使い分ける

西洋医学や一般の人々が認識している病気とは、実は病気を治そうとする反応であることがわかります。その反応=症状(がんも含めて) を抑えたり、切ったり放射線で焼却したり、化学薬品で毒殺してもあまり意味がないどころか、往々にして逆療法になることもあることがわかります。

先に述べたように、ここ訓年、医師の数が2倍以上になり、減塩指導は行き届き、血栓予防のために水を飲むという指導も十分に普及したにもかかわらず、病気の数は減るどころか、ますます増加している事実を、私たちはもっと真剣に考えるべききなのです。

繰り返しになりますが、野生動物の世界には、医師も病院も存在しません。しかし、彼らはたとえ病気をしたりケガをしたとしても、食べないか、発熱をして治していいきます。

この絶食(または少食・食欲不振) と発熱こそが、人間も含めたすべての動物に備わっている「2人の名医」なのです。
この「2人の名医」のいうことによく耳を傾け、「食べたくないときは食べない」、「発熱したらありがたいことだ」と感謝して過ごすことです。

ただし、脱水症状にならない程度の水分の補給は忘れてはいけません。風邪、肺炎などの炎症疾患、がん、脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患の発作直後、リウマチやSLEなど免疫の異常からくる病気など、ほとんどの病気で起こる発熱と食欲不振の原因は、血液中の白血球が体内で力を増し、病気を早く治そうとしている反応にほかならないのです。

疲労が重なったときに、微熱が出たりするのも同様の理由からです。ふつう白血球というと、バイ菌を殺したり、がん細胞をやっつけたりする、つまり免疫能の主役を担っている細胞とされています。しかし、実は白血球の本来のはたらきは、体内の老廃物を貪食、処理する作用なのです。

食べすぎや体の冷え、ストレスなどによって血液が汚れてしまい、白血球の老廃物処理能力が追いつかないときこそ、バイ菌が侵入して炎症を起こしたり、発疹を出したり、動脈硬化や結石をつくつたり、はては、がん腫を形成したりするのです。
現代人は、エネルギーの余りすぎで風邪をひく

あらゆる病気では食欲不振と発熱が必ず生じることを考えると、日ごろ、少食にして体温を上げる生活をしていれば病気にならない。また、たとえ病気になっても、この「2人の名医」をはたらかせれば、病気も早く治るのです。

では体温を上げ、汚れた血液の浄化を促進させるのに、一番簡単な方法は何だろう。体を温める食べ物や運動、生活習慣に変えることはもちろんだが、一番手っ取り早く体を温める食べ物、生姜を十分に活用することです。
体温が上がったらリウマチのツライ症状も消えた
posted by 冷え at 08:21 | TrackBack(0) | 体温が上がると血液が浄化
2017年02月27日

再発してしまうガン、転院を繰り返すガンについて

発疹や炎症を起こせないほど体力のない人、そうした反応を起こしても、化学薬品を使って抑え込む治療を長年続けてきた人、逆に血液が汚れても体力がありすぎるためにそれを抱え込んだまま発疹や炎症を起こさない人などそれらの人の体の中では、徐々に血液の汚れを浄化する装置がつくられていきます。

それが「がん腫」。西洋医学でも、がんから「がん毒素」が出てくることについては、以前から指摘しています。この考え方については自然医学的な考えと一致しています。

つまり、がんは究極の血液の浄化装置なのだ。切り取ったとしても、がんは、その人が生きている限り、また同じ装置をつくろうとするのである。それが西洋医学でいう「再発」とか「転移」にあたります。

ある外科医は、年間200例の肺がんのオペを行います。ある人の健康診断のとき、肺に直径0.5cmにも満たない極小のがんを発見。

その人に、「あなたは無症状のうちにがんが見つかってラッキー。肺の半分を摘除する手術を行なうが、これは根治手術なので、そのあとの再発や転移などはまったく心配いらない」と告げて手術をしました。ところが、半年後に検診したところ、なんと全身にがんが転移していたとのことです。このような例はこれ以外にも症例が多々あります。

医師いわく、「がんはわけがわからない。だから最近は患者さんから、手術をしてくれと言われれば、手術をするが、手術をしたくないといったら、手術はしないことにした」と。これはまさしくがんの本質を現していいます。

しかし、その本質に気づきかけてまだ気づけない、なんとももどかしい気持ちになっている医師の姿がここにあるのです。

がんというのは「血液の浄化装置」が発動したあとの結果なのである。だから、いくらその結果を切り取ったり、放射線で焼却したり、化学療法で毒殺してもあまり意味がないのです。

元となる原因を取り除かない限り、また同じ結果がくり返されるのは当然の結果なのです。がんの死者数は減るどころか、さらに激増している現状を考えると、がんに対するせいこく西洋医学的治療法が正鵠を射ているとはとても思えません。がんの発症を防ぎ、治すのに一番大切なことは、やはり汚れている血をきれいにすること、この一点に尽きるのです。
posted by 冷え at 08:10 | TrackBack(0) | 体温が上がると血液が浄化